日本の世界遺産 調査の4割に落書き

印刷

   世界遺産などで落書きが相次いで見つかっている問題で、朝日新聞社は2008年7月22日、国内11の世界文化遺産にある建物など計57件について調べた結果、4割の23件で落書き被害が分かった、と明らかにした。世界遺産の管理者や教育委員会などに実態を聞いて判明したという。

   例えば、世界文化遺産の一つ比叡山延暦寺(大津市)の文殊楼の壁や柱には、「山中」「WAKAYAMA」などとおびただしい数の落書きがある。一方で、歴史的価値がある落書きもあった。金峯山寺(奈良県吉野町)の蔵王堂の屋根裏や柱には、約400年前の大工のサインや、歌人が詠んだ歌などが書かれているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中