ドランクドラゴン鈴木拓 「イボ痔史」を告白

印刷

   お笑いコンビ ドランクドラゴンの鈴木拓さんが2008年7月23日のブログで、「イボ痔」を告白している。

   「かれこれ14年の付き合いになります」というイボ痔は、鈴木さんの芸歴より長い。ちなみに、きっかけはラーメンにコショウを入れすぎたためだそうだ。

「ラーメンを食べ一晩寝て次の朝に事件はおこりました」

   翌日、トイレに行くと、ひどい痛みが鈴木さんを襲ったのだ。

   当時20歳の鈴木さんは「今おきた事件」を家族に告白した。すると、血相をかえている鈴木さんを「尻目」に、みな大笑い。また、「ちょっと見せてみろ!」というから、覚悟を決めて見てもらったところ、

「あーはいはい!サクランボウくらいの大きさのイボ痔が綺麗になってるよ!
色といい形といい、こりゃサクランボだ!」

   などと茶々を入れられる始末。それ以来、続いているイボ痔。未だに「僕を悩ましてくれてます」。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中