竹原慎二危惧 「近々東京で大地震」??

印刷

   ボクシング元世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二さんが2008年7月27日のブログで、大地震に備えている、と明かした。

   「8月6日東京に大地震がくるらしい」。どこでこんな情報を仕入れてきたのだろうか、竹原さんはこういう予言はしてほしくないとした上で、地震に備えた防災グッズを買ってきたと紹介する。掲載された写真には、非常用持出袋やレトルト食品の類がみえる。「備えあれば憂いなし」と危惧しているようだ。

   ところで、予言とは何なのか。調べてみたところ、ブラジル人預言者、ジュセリーノ・ダ・ルース氏の予言にあった。ジュセリーノ氏は予知夢による予言をするという。日本語の公式サイトを確認したところ、2008年8月の欄に「東京でM6. 5の地震が発生」と書かれている。

   ちなみに、同サイトには2050年以後までの予言が掲載されている。だが、「Wikipedia」によるとほとんどの予言は外れているそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中