上原さくら 全力疾走の理由

印刷

   女優の上原さくらさんが2008年7月31日のブログで、ある珍事に遭遇したと報告している。

   「よし!運動不足解消のためにも歩いて帰ろう☆」。この日は、それほど暑くなかったこともあり、駅から徒歩15分の距離を歩いて家に向かった。

   だが、いざ歩いてみると暑い。途中のベンチでしばらく休んだ後、立ち上り再出発。すると、「仲良しの佳代ちゃん」と同じ車が路駐してあったという。「佳代ちゃんじゃないだろう」と思いながらも、その脇を通る時に、ちらっと運転席をのぞいた。「!!!」「出たっ!」。

「なんて言うのかな?
つまり………。
スーツを着た男の人なんだけど…………
ズボンのチャックを開けて………。
出してました………!」

   上原さんは、バテていることも忘れて、自分の家とは反対方向に駆け出したという。それも、全力疾走で。「いや、オチとかないんだけど」。強いて言うならば、「今ものすごく足を中心に体中痛いっす(泣)」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中