「羞恥心」上地雄輔  CDデビュー「正直最初は嫌だった」

印刷

   アイドルグループ「羞恥心」の上地雄輔さんが2008年8月1日のブログで、「羞恥心」のデビュー秘話と今後の意気込みを語っている。

   上地さんいわく1年前の今日、「羞恥心」が生まれた日なのだという。すなわち、上地さんがクイズ番組で「羞恥心」を「さじしん」と読み間違えたのだ。以来、つるの剛士さん、野久保直樹さんら“おバカ3人”は、珍解答を連発するとともに、注目を集めた。そして、08年4月にはCDデビューも果たした。

「その頃にも言ったけど、正直最初オイラはなんか嫌だった。
周りの人達に『なんで?』『マジで?』『本気なの?』『無理。』『やだ。』
て最後までワガママを言ってた」

   だが、CDデビューが決まると、つるのさんのリーダーシップや野久保さんの優しさに支えられたという。「やるしかない」という前向きな気持ちになり、デビューして4ヶ月が経つ今では、それほど緊張することもない。

「4カ月しか経ってないけど、少しは日本を驚かせられたと思う。
いろんなもんひっくり返したと思う。
だから悔いがないっちゃ悔いがない」

   でも、もうちょっと大人たちを驚かせたいというのが、上地さんの胸のうちだ。「次は何をしようか考えるのが楽しんだ」。「羞恥心」の活動にはまだまだ目が離せない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中