裁判員に選ばれる確率は4900分の1、地域格差4倍

印刷

   裁判員制度が2009年5月にスタートするのを控え、最高裁判所は2008年8月4日、07年に起訴された事件の中で、裁判員が参加する公判の対象は2643件だった、と発表した。全国平均では4911人に1人が裁判員・補充裁判員に選ばれる確率だ。地域別に見ると、もっとも高確率なのが大阪府(2894人に1人)で、最も低いのが秋田県(11862人に1人)。約4.1倍の格差が発生している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中