幸田シャーミンさんが国連広報局長を提訴

印刷

   国連広報センター所長を辞任した幸田シャーミンさん(52)は2008年8月12日、記者会見で事実と異なることを言われて名誉を傷つけられたとして、国連の赤坂清隆広報局長を相手取り、慰謝料1000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。08年8月13日の各紙が報じた。幸田さんは2008年6月に国連内部で嫌がらせがあったなどとして、国連広報センター所長を辞任。その後の記者会見で、赤坂広報局長が幸田さんによる部下へいやがらせを指摘したことなどについて問題にしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中