人身事故という名の「電車飛び込み自殺」 「遺族に1億円請求」は都市伝説か

印刷

車両修理費、振り替え輸送費用、運賃を払い戻した分など

線路への「飛び込み」は、多くの人に損害をもたらす(写真はイメージ)
線路への「飛び込み」は、多くの人に損害をもたらす(写真はイメージ)

   警察庁がまとめた統計によると、2007年の自殺者は3万3093人で、06年度に比べて938人(2.9%)増加している。自殺の方法は数多いが、とりわけ多くの人々に損害を与えるのが、飛び込み自殺だ。

   ここ1か月ほどを見てみただけでも、08年8月8日早朝には、JR山手線池袋駅(外回り)で、線路に立ち入った女性が始発電車に引かれて即死。山手線は全線で運転を見合わせ、内回りは約30分後に運転を再開したが、外回りは復旧作業に時間がかかり、運転再開は事故から4時間20分後だった。ラッシュの時間帯と重なったこともあり、約10万5000人が影響を受けた。

   7月8日には、JR東海道新幹線米原駅で、男性がホームから降りて通過線路に侵入、新幹線にはねられて死亡した。東京-新大阪間が2時間10分にわたってストップし、終日続いたダイヤ乱れの分もあわせると、約8万5000人の足が乱れた。

   このような事故では、足止めを受ける利用者が第一の被害者なのはもちろんだが、鉄道会社も被害者だという一面があるのも確かだ。費用面だけを具体的に考えてみただけでも、復旧のために臨時に動員した人員の人件費や車両の修理費、他社への振り替え輸送にかかった費用、乗客に運賃を払い戻した分、などが容易に想像できる。

   現役の私鉄社員が執筆したという「鉄道噂の真相―現役鉄道員が明かす鉄道のタブー」(彩図社)では、遺体処理の具体的な手順などが詳細に記述されているが、鉄道会社が受けると思われる損害についても、具体的な試算が掲載されている。試算では、踏切での事故で、周辺10駅から駅員を動員し、乗客1万人に影響があった場合を想定。それによると、(1)1駅あたりの人件費を5万円として50万円(2)4000人が振替輸送を利用し、平均500円だとして200万円(3)電車が脱線し、車両や線路が損傷したとして1億400万円と、鉄道会社は1億650万円の損害を受ける、という計算だ。

地方創生求人特集

   景気回復の影響が地方都市にも波及しだしている。福岡、愛知といった首都圏以外の大都市では、地場の大企業を中心に現在転職市場が活発だ。暮らしやすさと収入のバランスを求め、首都圏からの応募も増えているという。転職サイト「ビズリーチ」の地方企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
131
通りすがり 2015/9/ 5 20:17

「遺族に高額請求」は、決して都市伝説なんかじゃない。

新幹線放火は5億円? 鉄道自殺、タブー視される賠償請求の内訳:イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/150803/evt15080315300019-n3.html

> ある鉄道会社関係者によると、国内某主要都市の在来線でラッシュ時に飛び込んだ場合、損害額は「平均700万円~800万円」と話しており、オフピーク時でも「400万円台」。請求額については、基本的に損害額をそのまま求めるという。また、車両が使用不可になった場合は著しく損害額が増えるという。

130
不都合を強いられる 2015/6/26 21:45

タクシー使わなきゃいけない時は、遺族に賠償請求できるのだろうか。

129
相模ナンバーエリアの住人 2015/1/11 00:24

必ずしも飛び込み自殺ばかりと断定できるわけではないが、一日に2回(あるいはそれ以上)、同じ路線で「人身事故のため運転見合わせ」となることがある。


実際のところ、きのう2015年1月10日(土)は東急田園都市線で2回(早朝に駒沢大学駅・14時過ぎに三軒茶屋駅)、おととい2015年1月9日(金)は小田急江ノ島線でも2回(11:58ごろ長後駅・17:30ごろ長後~湘南台間)、それぞれ人身事故が発生した。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

J-CASTニュースは2016年1月の月間ページビュー(PV)が約1億1千万に達した。

ユーザー登録後24h限定 セール品がさらに安くなる3000円分クーポンつき

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座