ファミリーマート「木造店舗」を本格導入

印刷

   ファミリーマートは2008年8月18日、木造店舗の出店を本格化すると発表した。従来の鉄骨造と比べると、加工段階の手間やエネルギーが大幅に省け、製造時に発生するCO2排出量を約60%削減できる。また、約15%~20%の建築コスト削減も可能になる。

   これまで2店舗で試験的に取り組んでいたが、環境負荷、耐久性、コスト面において検証した結果、9月から本格導入に踏み切ることにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中