インリン決断 「自分に厳しくして生きていかないと」

印刷

   タレントのインリン・オブ・ジョイトイさんは、「自分に厳しくして生きていかないと」という理由で、ある決断をした、と2008年8月21日のブログに書いている。

「最近、料理の腕が上がったのはいいけど(自画自賛ですみません)、食器を洗うのは本当に面倒臭い!!!(笑)」

   食器洗い機がキッチンに付いてないから、買おうかな? と何度も思ったが、「機械に頼ってばっかりになって食器も洗えない怠け者にまで陥ってしまうのも怖いし…」と、ためらっていた。

   色々と考えた結果、この日、食器乾燥機を買ったそうだ。

   食器洗い機でないのにはワケがある。乾燥機だったら、拭く作業が省けて少しは楽になる。それなら、「怠け者になる一歩手前だから自分的に許せる」。洗い機は断固として退けた。

「自分に厳しくして生きていかないと、私本当の無気力人間になりそうだから、自分なりの感覚で線引きしとけば自覚になるのでオッケーでしょ?(笑)」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中