元ソフト部員・北陽の二人 金メダルに興奮!!

印刷

   北京オリンピック女子ソフトボールチームは2008年8月21日、悲願の金メダルを獲得した。多くの人が熱狂し、瞬間最高視聴率は47.7%(ビデオリサーチ調べ)に到達、盛り上がりを見せた。そんな中、ソフトボール経験者のお笑いコンビ北陽の二人もブログで、その興奮を綴っている。

   「やったー!金メダル!興奮し過ぎて言葉にできないっ!」というのは、虻川美穂子さんだ。高校時代ピッチャーをつとめていた虻川さんは当時、実業団にスカウトされるほどの実力の持ち主だった。もう興奮状態で書き連ねている。

「あの、上野選手の強い体と心、チームのそれに答えるパワー、監督の愛情。
いろんな物が1つになって、さすがのアメリカを見事倒しました!」

   一方、虻川さんと同じ高校でソフトボール部員だったのが、相方の伊藤さおりさん。日本チームの試合に触発されたらしく、当時の思い出を綴っている。

   「私は、経験もないのに、入部しました」。先輩たちが泥にまみれ、真っ黒に日焼けし、大声を出す姿がかっこよく見えたからだ。「運動オンチの私は、そりゃ毎日ついていくのに、精一杯」。レギュラーを目指して、ヘッドスライデイングし続けた青春時代だった。

「日本チームの戦いを見て、昔のあの気持ち、憧れと言いますでしょうか、フツフツと沸き上がってきました。
ほんと素敵だと思いませんかー、みなさんっ!なんで、あんなに魅力的なんだろう~」

   2012年のロンドンオリンピックで、ソフトボールの種目がなくなってしまうのが惜しまれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中