加護亜依 「週刊誌は言ってもいない事を書いたりする」

印刷

   元「モーニング娘。」の加護亜依さんが2008年8月23日のブログで、週刊誌のインタビューで、「意に反する内容が書かれてしまった」と嘆いている。

   加護さんといえば2度の喫煙騒動やスキャンダルが週刊誌に報じられ、07年3月には所属事務所を解雇された。それでも、08年4月に芸能界復帰を宣言。香港映画への出演も発表され撮影に挑むなど、精力的に活動している。

   そんな中、復帰後初となるエッセイ集が2008年8月25日に発売される。主に、10代の女の子たちとの対談集となっている。発売にあわせて、ある週刊誌のインタビューを受けた。だが、加護さんの意図とは違うものになってしまったようだ。こんな風に綴っている。

「記事には私の意に反する内容が書かれてしまっているようです。裏切られた感じでとても悲しい思いです。
どうして週刊誌は言ってもいない事を書いたりするのか‥‥本当にショックです」

   今に始まったことではないと、加護さん。そして、「もっと平和になりたいです」とつけ加えるに留まっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中