去り行く夏涼しげに楽しむ 京都の「納涼床」隅田川に出現

印刷

   まだまだ暑い日が続いている中、涼しげなイベントが催された。京都の夏の風物詩「納涼床(のうりょうゆか)」が隅田川に特設され、舞妓さんも駆けつけて去り行く「夏」を楽しんでいた。

暑さをしのぐために、川や船の上に設置される簡易な茶屋

京舞を披露してくれた3人の舞妓さん。左からとし結さん、とし輝さん、とし芙美さん
京舞を披露してくれた3人の舞妓さん。左からとし結さん、とし輝さん、とし芙美さん

   「納涼床(のうりょうゆか)」とは京都の夏の風習で、暑さをしのぐために、川や船の上に設置される簡易な茶屋のことだ。実際、川からのせせらぎが耳に心地よく、聞こえてくるだけで涼しさが感じられる。畳を敷き、日よけの傘も掲げられて、ちょっぴり優雅な心持ちで、お茶を楽しむことができる。

   そんな納涼床が2008年9月8日、東京・浅草近くの隅田川、水上バス上に設置された。一般のお客さん十数人が参加。畳の上には、履物を脱いで上がり、ちょっとしたお茶会といった風情だ。この日は、昨日のあいにくの空模様から一転、透き通るような快晴。納涼床にうってつけの日となった。また、京都から駆けつけた舞妓さん3人も登場。京舞を披露した。

   京舞を東京で見ることができるのは珍しい。3人の舞妓さんは赤、青、白が下地の、花をあしらった綺麗な着物を着込み、髪にはあでやかなかんざし。三味線の爪弾きにあわせて袖をつかみ、伸ばした帯をくるりと動かして、優雅な舞を披露した。まだまだ残暑は厳しいけれど、この時ばかりは、東京の下町が涼しげで風流な場となった。

日本の伝統に敬意をはらった「抹茶フレーバーラテ」

水上バス上に設置された「納涼床」。日差しは少し強かったが、涼しい風が吹き込んできた
水上バス上に設置された「納涼床」。日差しは少し強かったが、涼しい風が吹き込んできた

   このイベントは、スターバックスが08年9月9日に発売する新商品の発表もかねた。サントリーと共同開発した「スターバックス ディスカバリーズ」シリーズに新たに、「京都【抹茶ラテ】」が追加される。同シリーズは全国のコンビニエンスストアで発売中だ。

   抹茶フレーバーは、2002年の販売以来、スターバックス店舗でも人気が高い。ミルクを贅沢に使用するとともに、抹茶のまろやかな味わいが楽しめる。

   商品発表会には、「京都【抹茶ラテ】」の開発に関わった、スターバックス コーヒー カンパニーのカレン・ハーさんが登場。そのコンセプトについて、日本の伝統に敬意をはらったものなのだと説明した。さらに、

「香り豊かな抹茶フレーバーと新鮮な牛乳を使っていて、フレッシュな牛乳と抹茶との配合にこだわった。抹茶をエンジョイしている多くのお客さんに楽しんでほしい」

とアピールした。

   また、「抹茶ラテ」という「和」と「洋」がコラボレートした商品を引き合いに出しながら、外国人茶道家のランディー・チャネルさんはお茶の魅力について、次のように話した。

「EAST(東)のお茶もWEST(西)のコーヒーも、文化ということでは同じ。お茶を楽しむ心が大事だ。作法などがあって入りにくい部分があるかもしれないが、お茶は楽しい。Teaは楽しい。そういった心を大切にしてほしい。ぜひお茶会に参加しましょう」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中