テクモがスク・エニの質問状に回答 「協議の余地が少ない」

印刷

   ゲームソフトメーカーのテクモは、株式公開買い付け(TOB)の提案を求めていたスクウェア・エニックスからの公開質問状に08年9月8日付で回答した。テクモは、コーエーとの経営統合を2008年9月4日に決めている。

   テクモの回答は、

「スクウェア・エニックスからの提案は回答までの期限が1週間と限られたものであるうえ、内容についても協議の余地が少ないものと判断いたしました。一方でコーエーからの提案については、今後時間をかけて経営統合の検討を行っていくものであり、最終的に当社の企業価値をより高める結論に至る可能性が高いと判断し、コーエーとの経営統合に向けた協議開始を決定致しました」

となっている。

   スク・エニは公開質問状で、

「コーエーとの経営統合の条件(統合の態様、統合の前提となる株価、統合比率等)が本案よりもテクモ株主にとって有利であることを具体的にご教示いただきたい」

などの回答を求めていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中