8月の企業倒産、5年ぶりの高水準 東京商工リサーチ調べ

印刷

   民間調査会社の東京商工リサーチが2008年9月8日に発表した8月の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年同月比4.2%増の1254件(負債総額1000万円以上)になった。8月の倒産件数としては5年ぶりに1250件を上回る高水準。負債総額は今年最大の8679億7900万円。

   産業別では、燃料費の高騰が経営を直撃した運輸業が64件で今年最多。5年2か月ぶりに60件を上回った。また建設業は403件で、400件を超えたのは今年3回目。不動産業の倒産も前年同月比2割増。上場企業の倒産はアーバン・コーポレイションと創建ホームズの2件だが、08年に入って累計12件になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中