ダルビッシュ 肉が食べられない理由とは

印刷

   プロ野球北海道日本ハム・ファイターズのダルビッシュ有投手が2008年9月25日のブログで、「僕は胃が弱い」と告白している。

   休日だった24日、ダルビッシュ投手は奥方のサエコさんとランチへと出かけたそうだ。パスタを満喫したらしく、おいしかった~、と綴っている。そして、「奥さんともまた行く約束をして店を後にしました!」と、サエコさんとの仲の良さをもアピールしていた。

   そんな中、この記事に対して、読者から「いつも外食いいですね」といったコメントが寄せられた。翌25日のブログで、ダルビッシュ投手は「外食はほとんどしません」と回答。というのも、次のような理由があるからだ。

「奥さんが僕の体の事を考えてくれるのでほとんどが家です。
僕は胃が弱いから肉があんまり食べれないので考えに考えて和食中心の料理を作ってくれるのですよ」

   とはいえ、ダルビッシュ投手は、「プロ野球選手のくせに胃が弱いってやばいよな」とおどけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中