一度高級化粧品使って効果知ると、ランク落とせない?

印刷

   乳液や化粧品1本で数千円~1万円もするような高級化粧品の国内市場が拡大しており、化粧品大手による販売競争が活発化している。2008年秋には、最大手の資生堂が10万円を超える超高級クリームを発売するのをはじめ、化粧品メーカー各社が続々と新商品を投入する準備を進めている。高級化粧品は化粧品メーカーにとって利幅が大きく、少子高齢化の中での貴重なビジネスチャンスにもなりそうだ。

資生堂が12万6000円のクリーム売り出す

   資生堂は9月から、百貨店や化粧品専門店向けに販売している高級スキンケア化粧品「クレ・ド・ポー ボーテ」のうち、最高級シリーズ「シネルジックライン」の強化に乗り出す。21日には12万6000円という同社のクリームでは最高額の高級クリーム「クレームシネルジック」(40グラム)を発売する。また、メーク落とし用の石けん(1万500円)なども加え、商品を大幅に増強する計画だ。

   カネボウ化粧品も10月中旬から、化粧品専門店だけで売るブランド「トワニー」に、高級スキンケアシリーズ「エスティチュード ラグジェ」を新たに加える。商品のラインナップは7品目(8400~2万1000円)。

   ノエビアも10月、10年ぶりに高級ブランド「ノエビア 505」をリニューアルする。また、花王も9月下旬、百貨店向けのブランド「エスト」に最高級スキンケアシリーズ「エターナルフロー」を投入する予定で、メーカーの積極的な動きが目立ってきた。

   化粧品大手などによると、少子高齢化によって若い女性の数が減っていることもあり、化粧品市場全体は横ばい状態が続いている。しかし、2万円以上の高級スキンケア化粧品の市場は、ここ数年で2~3割伸びているという。金銭的に余裕があり、美容意識も高いワーキングウーマンらが増えていることが大きな背景だが、子育てを終えた比較的裕福な層の主婦らの需要が増しているためとみられている。

メーカーの高級品開発に拍車

   「一度高級化粧品を使って、高い効果を知ってしまうと、なかなかランクを落とすことができない」(化粧品関係者)との声もあり、高級化粧品は、メーカーにとって「顧客囲い込み」の重要な手段にもなり得る。

   一方、このところの原材料価格の高騰もメーカーの高級品開発に拍車をかけているとの指摘もある。化粧品を製造する際に使用する原材料価格は一般に、販売額の2~3割程度といわれ、全体的に原材料高の影響は受けにくい構造だ。しかし、比較的低価格の化粧品に原材料高は着実に響いてくる。このため、できるだけ利幅の高い商品へのシフトが不可欠になっているとの事情もあり、高級化粧品の開発・販売競争は今後も激しさを増しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中