不眠に悩むエスパー伊東 「なんとか改善せねば」

印刷

   コメディアンのエスパー伊東さんが2008年10月1日のブログで、不眠に悩まされていると告白している。

   「なんかうとうと眠ったような・・・」。この日は、出かける用事があるというのに眠れない。30分か、あるいは3時間眠ったのかもしれないが、と困っている。

   もっとも、「不眠の原因は自分でもよくわかっている」という。理由はこうだ。(1)面白いテレビ番組をチェックしているから(2)早朝のゴミ捨てのために、つい早く起きすぎる(3)仕事のつきあいで、深夜、早朝まで起きていることが多い(4)昼間、眠気に耐えられずに仮眠してしまう。

   「なんとか改善せねば」とエスパーさん。15年前までは毎朝4時に起床する生活をしていたのに、生活習慣がまったく変わってしまった、ともらしている。

   ちなみに、コメント欄では「眠りを優先するほうが身体に良いですよね」「昼間の仮眠は10~15分にするとよい」など、参考になりそうなものが書き込まれていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中