新ブランド「ベネシア」を立ち上げ 武富士

印刷

   消費者金融大手の武富士は、新しいブランド「benecere」(ベネシア)を立ち上げたと、2008年10月1日に発表した。「今後、ベネシア・ブランドで統一して推進する」(広報部)。社名は残る。

   「ベネシア」は、ベネフィット(公益)とシンシアリティ(誠意、真心)をあわせた言葉。新しい「benecere card」には、利用者の利息から毎月1円を慈善事業団体に寄付する社会貢献機能や、返済額に応じてポイントが加算され、返済に充てたり、提携先での景品交換できるサービスが付いている。融資限度額が300万円・適用利率15.0%~18.0%の「ベーシック・プラン」、300万円・13.943%の「ゴールド・プラン」、400万円・11.315%の「プラチナ・プラン」、500万円・9.125%の「ブラック・プラン」の4つの「benecere card」で売っていく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中