唐沢俊一、2度目の無断引用 コピーして順番入れ替え?

印刷

   作家の唐沢俊一さんが、ブログの記事から無断引用していたことが分かった。1年前にも無断引用しており、今回が2度目。テレビなどで披露しているカルト的な雑学知識は、本当に裏づけがあるのだろうか。

「盗用ではないと思っています」

無断引用されたブログ記事
無断引用されたブログ記事

   今回、無断引用したカルト話も、事実とすれば、衝撃的なまでにオドロオドロシイ内容だった。

   舞台は、メキシコシティにあるアパート。市警が2007年10月8日、悪臭の通報を受けて部屋に踏み込むと、電動ノコギリでバラバラにされた女性の死体が見つかった。引用元のブログ「世界の三面記事・オモロイド」の10月13日付記事によると、そのカルトぶりはこうだ。

「寝室のクロゼットには胴体が、冷蔵庫には片足と片腕が、そしてシリアルの箱には骨が入っていたという。また、鍋には片手と片足(足首から下)が煮込まれており、フライパンの中にはフライにされレモンが添えられた、人肉と思われる肉塊も入っていた」

   部屋にいた男(40)が、交際中の女性(30)を殺した疑いだ。作家を目指しており、部屋から「人食いの本能」という原稿が見つかったという。

   一方、作家の唐沢俊一さんは、これとほぼ同じ内容を「月刊ラジオライフ」(三才ブックス)11月号の連載コラムで紹介した。

   無断引用は、2ちゃんねるで08年10月6日、「あまりにひどいパクリ」と書き込まれて発覚したらしい。その後、ブロガーらの間で話題になり、米カリフォルニア州在住の映画評論家の町山智浩さんも、自らのブログ日記で、「どう見ても、コピーして語順を入れ替え、語尾や単語を変えただけ」と指摘。ネット上では、同様な指摘がほとんどだ。

   月刊ラジオライフ編集部の遠藤悠樹編集長は、J-CASTニュースの取材に対して、こう説明する。

「出典を明記していないのは落ち度と言われれば、確かにその通りです。しかし、盗用ではないと思っています。他人様の文章というよりニュースから引用したものです。コラムは、もともとニュースや過去の文献を参考にして事件を読み解くことが前提になっています」
インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

【お仕事募集中】「カス丸仕事しろ!」

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中