08年度上期の企業倒産 負債総額は戦後2番目

印刷

   帝国データバンクが2008年10月8日に発表した08年上半期(4-9月)の企業倒産集計(負債総額1000万円以上の法的整理)によると、企業の倒産件数は6343件で、負債総額は8兆4533億1800万円となった。倒産件数では3年連続して前年同期を上回り、負債総額では前年同期に比べて2.9倍に膨らみ、上半期としては戦後2番目に多かった。

   リーマン・ブラザーズ証券が戦後2番目の3兆4314億円の負債を抱えて倒産したほか、マンション販売の不振からアーバンコーポレイション(負債2558億円)やゼファー(同949億円)などの新興のデベロッパー、また石川県の真柄建設(348億円)、りんかい日産建設(629億円、東京都)といった地場大手ゼネコンなどの大型倒産が相次いだ。

   上半期の上場企業の倒産は18社だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中