「大和証券が破たん」と流す テレビ朝日超お粗末報道

印刷

   世界的な金融危機の最中、テレビ朝日が「大和証券が破たん」と誤って報じた。2008年10月10日夕方の「スーパーJチャンネル」で、与謝野馨・経済財政担当相談話の字幕に、経営破たんした生命保険の「大和(やまと)生命」と誤って「大和証券」と報じた。

   テレビ朝日は、同番組内であわてて「番組からのお詫び」を放送。さらに、同日の「報道STATION」でも、女子アナが正誤表を使って訂正するとともに謝罪した。

   間違えられた大和証券グループ本社は、「当日は各方面から、お客様からの問い合わせもありましたが、いまのところ風評被害のようなことはありません。ただ、このようなことが2度とないよう厳重抗議しました」と話している。

「大和生命」の読み方も知らず?

   それにしても、お粗末だ。破たんした生保は「大和」生命だが、「やまと」生命と読む。字幕の作成者は、会社名の確認を怠ったばかりか、破たんしたのが生保か、証券か、銀行かも確かめていなかったことになる。

   ネットには「これはテレビ朝日の報道テロ」「こんなの気がつかないわけがない。あり得ない間違い」という声も。

   ニューヨーク市場など、世界各国で株価が上昇したこともあって、週明けの東京株式市場も急騰。誤報にも、当の大和証券は「当社の経営がひっ迫しているわけではありませんから」と、何事もなかったかのように落ち着いている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中