GMが売却した「スズキ株」 スズキが全株取得

印刷

   スズキは、米ゼネラル・モーターズ(GM)が保有していたスズキの株式1641万3000株(発行済み株式総数の3%相当)を、2008年11月18日にすべて売却したことに伴い、それを自己株式として取得した。1株あたり1363円で、取得総額は223億7091万9000円。

   この合意は、スズキの鈴木修会長兼CEOとGMのリック・ワゴナー会長兼CEOが相互に確認した。GMがスズキの株式を再取得することも将来前向きに検討するとしている。

   スズキとGMは1981年8月以来、業務提携の関係にあるが、引き続き先端技術の開発協力や新規市場の開拓などで協力していく。

   スズキの鈴木会長は、「GMが資金調達上、その保有株式を処分する必要性に迫られた状況も十分理解したので、これに応じた。スズキの今後の経営方針に影響が及ぶことはない」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中