「読み間違え」「軌道修正」「失言」 麻生首相の「満身創痍状態」

印刷

   麻生首相の相次ぐ漢字のいい間違いに続いて、「得意技」とも言える失言が加速している。野党からの批判はもちろん「身内中の身内」である閣僚からも苦言が相次ぐ。支持率低下も目立ち、もはや満身創痍ともいえる状況に限りなく近い。

トウシュウ、ミゾウユウってどんな漢字?

麻生首相の発言には、閣僚からの「苦言」も相次いでいる
麻生首相の発言には、閣僚からの「苦言」も相次いでいる

   麻生首相の最近の「読み間違え例」をざっと見てみただけでも、こんな具合だ。

   10月15日の参院予算委員会で、社民党の福島みずほ党首が、いわゆる河野談話について「踏襲されますか」とただしたところ、

「政府の基本的立場というのは、現在も平成5年8月15日の河野官房長官談話をフシュウ(正しくはトウシュウ)するというものであります」

と答弁。11月17日の衆院本会議でも、

「私は基本的に、フシュウして参ります」

と述べている。

   11月12日には、四川省の地震について

「ミゾウユウ(未曾有)の自然災害を乗り越え…」

と述べたほか、同スピーチ内で

「1年のうちに、これだけハンザツ(頻繁)に両首脳が往来したのは、日中関係史上過去に例がありません」

   記者団に一連の読み違いを指摘されても、麻生首相は

「そうですか、それは単なる読み間違い、もしくは勘違い」

と、憮然として答えるのみだった。

   11月19日から20日にかけては、首相就任前から危惧されていた「失言」と「軌道修正」が相次いだ。19 日には、道路特定財源を地方交付税として配分することを明言したが、翌20日には「自由に使えるなら何でもいい。交付税じゃなくてもかまわない」と修正。同日夜には、「軌道修正」との見方を否定した上で、「地方が一番使いやすいお金って何だと思う?」と記者に逆質問。記者が「地方交付税」と答えると、「それが答え」と言って、別の話題に移った。

   また、2010年には上場、売却を目指している日本郵政グループ株についても「凍結すべき」と主張、後に「安いときには売らない、ということ」と釈明を迫られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中