銀座のクラブに大転機 1割200店が年内に閉店?

印刷

   銀座のクラブで、全体の1割、約200店が年内に閉店するといううわさが出回っている。金融危機のあおりで、客足が遠のいているというのだ。クラブ側は、経営統合したり、業態転換したり、生き残りに必死だが…。

金融危機の影響でチェーン店同士が合併する例も

ウォータータワーでも閉店のお知らせが
ウォータータワーでも閉店のお知らせが

   高級クラブがひしめく銀座8丁目。その中でも、一際高くそびえる10階建てのビルがある。15店ほどが入居している「ウォータータワー」だ。

   テレビドラマのモデルになったママがいるクラブがあったり、訪れた元プロ野球選手の清原和博さんがフライデーされたり。このビルは、繁栄する銀座の象徴でもあった。

   それが、ここ数か月で異変が起きている。金融危機の影響だ。11月上旬で閉店したり、チェーン店同士が合併したり。1階のテナントは空いたままで、噴水も今は止まっている。

「外資系金融や不動産会社のお客さまを中心に、1~2割ほど減っていますね。一晩で100~300万円を使うお客さまも、確かに少なくなっています。うちはしていませんけど、女の子の出勤調整をしているところもあるようですね」

   ウォータータワーに入居するあるクラブの店長は、J-CASTニュースの取材に、こう明かした。

   影響は、もちろん銀座のクラブ全体に及んでいる。銀座には、約2000店があるが、クラブ関係者によると、なんと約1割に当たる200店ほどが年内で閉店するとのうわさが流れているというのだ。

「年内で終わるパターンは、年明けには分かるでしょう。今は、騒がれるほど短期間で閉店が相次いでいるわけではありませんけど」

   この関係者は、不気味な予言をした。

一般男女が出会うバーに衣替え

   クラブのほとんどが入会している銀座社交料飲協会の神谷唯一事務局長も、取材に対し、200店閉店のうわさの存在を認めた。

「上場企業さえつぶれている現実で、(交際費削減で)お金を使わないと真っ先にわれわれに影響が出ます。売り上げは確実に減っており、ひどい例だと半減というところもあります。忘年会、クリスマスと12月は書き入れどきなので、『こんな状態でダメだったら』との見通しなんじゃないですか。危機感を感じているということだと思います」

   業界では、店のことを「箱」と呼んでおり、大規模店の「大箱」は特に影響が深刻のようだ。銀座に50店ほどある大箱について、前出のクラブ関係者はこう話す。

「座るだけで10万円、ボトル1、2本空ければ60~70万円もするような店なら、会社側が『なんなんだ』ということになるようです。女の子の時給10万円とか高いところは、大変なようですよ。中小箱はそれほど大きな影響がまだありませんが、大箱はみな大騒ぎしていますね」

   もっとも、一部老舗などを除き、銀座のクラブがつぶれることは珍しいことではない。銀座社交料飲協会の神谷事務局長によると、銀座では年間100店がつぶれ、また同じぐらい増えているという。ただ、今回の金融危機の影響は深刻で、年明けに大騒ぎになる可能性は依然あるとしている。

   そんな中で、クラブ側も試行錯誤しているようだ。

   個人経営でなく会社組織なら、経営合理化のための統合・縮小がその一つ。さらに、神谷事務局長は、業態転換も増えていると明かす。

「女の人を使わないで、ワインバー、カクテルバーにして、一般女性との出会いの場に衣替えしたところも増えています。銀座らしくある程度のステイタスを保ちながら、若い人にもリーズナブルに楽しんでもらおうという試みです。1回で2、3万円もかかるようなところは減っていますよ」

   そうなると、もはや銀座のクラブとは言えないかもしれないが、業界が一つの転機を迎えつつあることは確かなようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中