上場会社の倒産、08年は30社と過去最高

印刷

   東証一部上場の中堅ゼネコン、オリエンタル白石が2008年11月26日に会社更生法の適用を申請し、受理された。帝国データバンクによれば、08年の上場企業の倒産は、ディックスクロキ(ジャスダック、福岡県、11月民事再生法)に続いて30社目。年間の上場企業倒産は、02年の29社を抜いて過去最多となった。

   オリエンタル白石の負債総額は子会社2社を含め605億円。同社は2007年10月にオリエンタル建設が白石を吸収合併して誕生したが、建設費用の高騰や、経費削減も計画通り進まず、資金調達が困難になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中