「靴投げ事件」ゲームが続々登場 ブッシュのSPもこれで訓練!?

印刷

   イラクを電撃訪問した米ブッシュ大統領が、記者会見の場でイラク人記者から罵声とともに靴を投げつけられるという災難に見舞われた。この余波は大きく、イラクでは記者を「英雄」だと称えた上で早期釈放を求める運動が広がりを見せた。一方、今回の事件をモチーフにしたゲームも複数登場、人気を集めているようなのだ。

記者席から飛んでくる靴を銃で打ち落とす

事件をモチーフにしたゲームが注目を集めている
事件をモチーフにしたゲームが注目を集めている

   任期切れを間近に控えたブッシュ大統領は2008年12月14日、イラクの首都バグダッドを電撃訪問し、イラクのマリキ首相と米軍の地位協定に調印。同協定では、2011年まで米軍をイラクに駐留させることなどが盛り込まれた。マリキ首相との共同会見で、事件は起きた。記者席に座っていたイラク人の男が突然立ち上がり、アラビア語で「これが別れのキスだ。犬野郎」などと叫びながら、自分の靴を左右とも大統領に投げつけた。大統領は靴を素早くよけ、「事実を申し上げれば、あの靴は10号サイズ(28センチ)だった」などとジョークを飛ばした。

   大統領の身のこなしの軽さにネットユーザーが刺激されたのか、この「靴投げ事件」をモチーフにしたゲームが相次いで登場しているのだ。急速に知名度が上がっているのが、英国発の「Bush's Boot Camp」と呼ばれるゲームだ。このゲームは、フラッシュと呼ばれるソフトウェアで作られており、PCのブラウザ上で簡単に動かすことができる。

   ゲームは、「自らがブッシュ大統領のSPになって、記者席から飛んでくる靴を銃で打ち落とす」というもの。打ち落とし損なった靴はブッシュ大統領に命中し、ブッシュ大統領の「体力メーター」が減少、メーターがゼロになるとゲームオーバーになるという仕組みだ。発砲すると、大統領の声で「It'll take time to restore chaos」(混乱を立て直すには時間がかかる)という皮肉ともとれる効果音が入るほか、何発か発砲すると「弾切れ」になり、スペースキーを押して弾を入れ替える必要があるなど、なかなか細かいつくりになっている。

大統領を左右に動かして、前方から飛んでくる靴をよけて遊ぶ

   このゲームを作ったのは、英グラスゴーにあるソフトウェアメーカー、「Tエンタープライズ」。同社は、これまでにも時事的な風刺ゲームを製作してきたことで知られているが、今回のゲームについても、同社の役員が英テレグラフ紙の取材に対して

「(会見の)ビデオを見ると、シークレット・サービスは、2つめの靴が飛んでくるまで大統領を守るための動きを取らなかった。今後、世界のリーダーに向かって『靴攻撃』があったときのために、SPは、このゲームで訓練してみては」

と、皮肉たっぷりのコメントを寄せている。

   フランスでも、「靴事件ゲーム」が開発されている。英国製のものとは違って、プレーヤーはブッシュ大統領を左右に動かして、前方から飛んでくる靴をよけて遊ぶ仕組みだ。よけそこなって靴が4回命中すると、大統領の体力メーターがゼロになってゲームオーバーになる。つまり「ゲームオーバーまでの時間を長くできたほうがいい」ということになるのだが、ゲームの掲示板には

「1回目で47.12秒までいった!」
「これはすごい。笑い死にそう」

といった感想がつづられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中