11月の税収7.2%減 自動車産業の低迷響く

印刷

   財務省が2009年1月5日に発表した08年11月の税収・印紙収入実績によると、一般会計分の税収が7兆1232億4200万円と前年に比べて7.2%減少した。米国発の金融危機の影響で企業業績が悪化したことから、法人税収が同11.6%減となったことが響いた。また、自動車重量税が同15.8%減と大きく減少。税収面からも自動車産業の急激な冷え込みが浮き彫りになった。ガソリンなどの揮発油税も同13%減少した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中