後藤真希「歌手再開」の場に「ミクシィ」選んだわけ

印刷

   元「モーニング娘。」の後藤真希さんが歌手としての再始動場所に選んだのは大手SNS「mixi」(ミクシィ)だった。後藤さんは「ミクシィ」内の20代女性向けたプロジェクトのサイト「SWEET BLACK」に参加、このサイトに関係する楽曲をデジタル配信する。後藤さんは2008年6月に現在所属するエイベックスグループに移籍したもののこれまで目立った活動はなく、ネットでは「何で移籍したの?」などと話題になっていた。

   後藤さんの歌手活動再開の場となるのは「ミクシィ」内に2009年1月21日にオープンする新サイト「SWEET BLACK」。このサイトは後藤さんが所属するエイベックスグループ、J-WAVE、「ミクシィ」とのコラボで企画運営される。20代女性をターゲットに、女性クリエイターがオリジナル作品を発表する場になるという。第1弾として作家の金原ひとみさん、後藤さんが参加。後藤さんは自ら作詞したという新曲「Fly away」を披露する。この楽曲は音楽サイトからデジタル配信されるが、CD化の予定はないという。

「20代の多くの女性と触れ合える場所」

   再始動の場所を「ミクシィ」にしたのかについてエイベックスは

「20代の多くの女性と触れ合える場所であり、後藤の曲に共感していただけるのではないかと思っている」

J-CASTニュースに語った。

   再始動のニュースは08年1月13日にエイベックスが発表。翌日にスポーツ紙などが報じた。「ミクシィ」内でも新サイトオープンの告知をしている。「ミクシィ」の日記を「後藤真希」で検索すると、後藤さんの再始動を歓迎する日記が09年1月15日午後5時の段階で8件ヒットしている。そこには、

「久々に嬉しいニュースです。 大好きなごっちんが音楽活動を再開します」
「オフィシャルサイトのムービーも観ました わくわくしますねぇ♪」

といった感想が並んでいる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中