日本マネるキャラ「韓国侮辱」? アニメ「ヘタリア」中止の真相

印刷

   韓国のネット上で批判されていたCS放送のアニメ「ヘタリア」が、突然放送中止になった。原作漫画では、「韓国」のキャラクターが、日本のマネをしたり、何でも韓国起源にしたりするよう描かれたのが、「侮辱だ」とされている。放送局では「諸般の事情」と言うのみだが、韓国からの抗議が原因だったのか。

韓国で、放送中止を求める署名活動

ヘタリアを取り上げた韓国のニュースサイト
ヘタリアを取り上げた韓国のニュースサイト
「私のことが嫌いなのに 何であなたは 私のふりしたり 私の料理を他の国で作ったりするんですか?」

   これは、ヘタリアの原作4コマ漫画で、登場人物の「日本」が「韓国」に言うせりふだ。それに対し、「韓国」は、言葉に詰まりながらも、こう反撃する。

「ツンデレの起源は… 韓国にあるんだぜ」

   こうしたシーンが訳されて、韓国のネットユーザーの間で、やり玉になった。2009年1月24日から放送予定だったアニメに、放送中止を求めて署名活動が始まる動きにまでなったのだ。読売新聞が1月13日付記事で、このことを報じると、日本のネット上でも話題に。同日には、韓国の国会でも取り上げられた。そして、1月16日になって、CS放送局のキッズステーションがホームページ上で放送中止を明らかにする事態になった。

   ヘタリアは、米ニューヨークのデザイン大学に留学中の日丸屋秀和さん(23)が、自らのサイト「キタユメ。」上で発表した作品。国を擬人化した歴史コメディで、題名のもとになった女の子好きで陽気な「イタリア」のほか、生真面目できれい好きの「ドイツ」など世界20か国以上のキャラクターが登場する。男性のキャラが多く、ボーイズラブ色が強い。幻冬舎コミックスから単行本化され、シリーズで50万部を突破している。

   「韓国」が登場するのは、ごく一部だが、それが次々に訳され批判の対象になっている。ツンデレのほか、剣道や温泉、日本刀まで韓国起源と主張したり、日の丸をストックして身にまとったりする点だ。さらに、「日本」の胸を触って「ウリナラマンセー(我が国万歳)」と叫ぶシーンについては、竹島を表す日本の胸に触る変態として描いた、といううがった見方まで出ているようだ。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中