携帯アクセス「自動制限」開始 mixiはギリギリセーフ

印刷

   青少年の有害サイトへのアクセスが問題化するなか、18歳未満を対象にしたフィルタリング(アクセス制限)サービスの「自動適用」が2009年1月30日から始まった。業界団体が「健全」だと認定していない「コミュニケーションサイト」はアクセスできなくなる。有名サイトでは、SNS大手のmixiがスタート当日に認定を受けギリギリ間に合ったが、芸能人ブログで人気のアメーバブログはまだ認定がなく、「中高生の間では混乱も起きそうだ」という声もある。

「アメブロ」はアクセス制限の対象に

   NTTドコモは1月30日、18歳未満の契約者に対するフィルタリングサービスの「自動適用」を始めた。これまでは、同サービスは希望者のみが申し込んで利用する仕組みだったが、特に申し込まなくても、自動的に同サービスが適用されるようになった。この日適用が始まったのは、18歳未満で、1月~4月生まれの契約者。ドコモの5月~12月生まれの契約者や、au・ソフトバンクの18歳未満の契約者に対しても、2月以降、順次適用される予定だ。

   アクセス制限の対象となるのは、アダルトサイトや出会い系サイトなどの他に、掲示板に書き込みができる「コミュニケーション」と呼ばれるカテゴリーのサイト。「コミュニケーション」のカテゴリーには、大手SNS「モバゲータウン」や「魔法のiらんど」などが含まれるが、これら2サイトは、業界団体のモバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)がすでに「健全サイト」として認定しており、フィルタリング適用後も引き続きアクセス可能だ。

   しかし認定サイトの数は「GREE」「MySpaceモバイル」など18にとどまっている。SNS大手のmixiは、自動適用の開始当日に認定が発表されたばかりだ。ミクシィは24時間365日体制のサイトパトロールを導入したほか、悪質な活動を行うユーザーをすばやく察知・活動を阻止するシステムの構築、青少年にふさわしくない一部のレビュー・広告の閲覧制限を設けた。

   逆に言えば、認定を受けておらず「コミュニケーションサイト」に分類された掲示板やブログサイトは、アクセスができなくなってしまう。この現状に対して、「中高生の間では混乱も起きそうだ」(日経新聞09年1月28日夕刊)などと、悪影響を指摘する声も出てきている。

   実際、認定を受けていない大手ブログサイト「アメーバブログ」では、

「2009年2月よりAmebaモバイルがご利用いただけなくなる可能性があります。引き続きご覧いただくためにはフィルタリング解除の手続きが必要になります」

との注意書きがあり、アクセス制限の対象になることが分かる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中