神奈川県、全国初の屋内禁煙条例を議会提案 

印刷

   神奈川県の松沢成文知事は2009年2月16日、屋内での喫煙を規制する「公共的施設における受動喫煙防止条例」案を2月定例県議会に提案した。成立すれば、全国初となる。2010年4月1日の施行を目指している。

   それによると、行政機関や病院などの「第1種施設」は禁煙。ホテルやレストランなどの「第2種施設」は禁煙か分煙かを選択する。ただし、小規模の飲食店とパチンコ店などは特例とされ、禁煙を努力義務としている。

   違反した場合は、施設は5万円以下、喫煙者は2万円以下の罰金を払うことになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中