大証、ナスダックとの「共通上場制度」を検討

印刷

   大阪証券取引所は、米ナスダックOMXグループとの提携で「共通上場制度」の導入を検討していることを明らかにした。米田道生社長が2009年2月17日に開いた記者会見で、「将来的に、大証の上場企業がナスダックへの上場を希望すれば、通常とは違ったサポートの仕方で上場できるようにすることは考えられる」と話した。

   大証とナスダックOMXは2月3日、戦略的パートナーシップ構築に関する覚書を締結し、協力可能な分野として、市場情報の交換や人事交流などとともに「相互上場」をあげていた。

   また、大証は同日、海外の証券業者が大証に直接注文を出せる「国外取引参加者制度」(リモートメンバーシップ制度)を設けると発表した。市場の流動性を高めるとともに、価格形成の効率化や国際競争力の向上を図るのが狙い。春ごろ、希望者の募集を開始する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中