「レジ袋有料化」を一時中止 埼玉・川口のスーパー

印刷

   埼玉県川口市は、地球温暖化防止やごみの減量を目的に「レジ袋無料配布中止」の取り組みを実施しているが、協定参加店舗の1つ「サミットストア川口赤井店」は、2009年3月2日で「レジ袋有料化」を一時中止する、と発表した。売り上げ減が理由という。

   川口市は市内の12事業者と協定を結び、県のモデル事業として08年11月からスーパー19店舗で、レジ袋の有料化をスタートさせていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中