「ふっくん」が明かす 「スシ食いねェ!」誕生秘話

印刷

   「ふっくん」こと布川敏和さんが、2009年2月26日のブログで、シブがき隊の代表曲「スシ食いねェ!」の誕生秘話を書いている。

   「スシ食いねェ!」は1985年に発表され、その年の紅白歌合戦でも歌われたシブがき隊の代表曲。覚えやすいメロディと個性的な歌詞で、今でもよくテレビのグルメ特集などでよく流れている。

   布川さんの09年2月26日のブログによると、この曲はシブがき隊がコンサートツアーで名古屋入りしたときに誕生した。1日目、メンバーの薬丸裕英さんがマジックショーの事故でツアーに参加できず、曲間のトークが盛り上がらなかった。そのため、その夜にホテルの一室で、布川さんとバックバンドのベーシストの2人が間繋ぎの曲を作ろうということになったという。

ルームサービスで寿司を注文した後に…

   当時は丁度ラップが日本に入り初めた時期で、布川さんが「よし!ラップを作ろう!」と提案。「ラップなら音程外す俺にも歌えるし、日本人でまだ誰も歌ってない!」と2人で取りかかった。MCで簡単に歌うだけなので「かる~く」作曲し、歌詞を考える段階になったところで、ルームサービスで寿司を注文した際のメモ用紙が目に入った。

   そして、

「トロは中トロ、コハダ、アジ~(中略)楽器隊のコーラスは ヘイ!らっしゃい! とでも言っときゃイイんじゃない~、んで最後は オヤジ、お勘定~で まいど~!だなぁ~」

といった様子で「超適当なラップ・スシ食いねェ!の原曲」が誕生した。

   これを次の日のステージで振り付けを入れて披露したら、予想以上の「大ウケ」。プロデューサーの目にもとまり、プロの作曲作詞家の手を入れてきちんとレコーディングした。それを「NHKみんなのうた」で流したところ、「変な曲~面白い曲~」と話題になり、紅白にまで出場することに。結果、シブがき隊の代表曲となってしまった。

   布川さんは、自分が「超適当」に作った曲を20年以上経った今でもよく耳にすることに関し、

「なんだ?この スシ食いねェ!って曲は…っと僕は 今現在も思っていやす…!?」

   ちなみに、作詞クレジットにある「S. I. S.」とは「シブがき・板前・スペシャル」の略なのだそうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中