イチローに忍び寄る体の衰え? 久々のヒットは復活の烽火になるか

印刷

   2009年3月19日に行われた、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のキューバ戦で、イチローが13打席ぶりのヒット、続いて三塁打を放った。今回のWBCは「勝つも負けるもイチロー次第」などと言われたが、あまりの不振に「イチローを欠場させろ!」といった激しいバッシングが出るまでになっていた。久々のヒットは、復活の烽火になるのだろうか。

体力面に加え、動体視力も衰える

   イチローはWBC第2ラウンドのキューバ戦、韓国戦でノーヒット。再びキューバと対戦したこの日も、第1打席はセカンドゴロ。第2打席は当てただけのショートゴロ。第3打席は送りバントを失敗し小フライ、に終わった。これで12打席連続の凡退になった。

   この日はTBS系で試合が生放送され、解説の槙原寛己さんはイチローについて、

「積極性に欠けているし、打ちに行くと、いい球で討ち取られる。ゴテゴテ。とにかく(バットを)ふって欲しい」

といい、

   同じく解説の佐々木主浩さんも、

「思い切りがないから、初球の甘いボールを見逃してしまう」

と、復調の糸口が見えないイチローに頭を抱えていた。

   実はWBCでのイチローの不振は、関係者の間では、ある程度予想されていたことなのだという。ナショナルリーグのあるスカウトはJ-CASTニュースにその理由をこう打ち明ける。

   一つは体力面での衰えだという。前回のWBCあたりから少し感じられたが、それが顕著になった、と指摘する。たとえば、以前は一塁ベースまで3.7秒で駆け抜けていたのが、08年シーズンは3.9秒が珍しくなくなっていること。さらに、「動体視力」が落ちていて、ボールをバットの芯から外すことが増えた。そのため、この2年間は内野安打が減り、打率が落ちた、と分析する。また、ほかにも問題があり、さすがのイチローにも衰えが忍び寄っているのではないか、と心配する。イチローも35歳。プロ野球選手の年齢としては下り坂だ。

20日の韓国戦以降に真価が問われる

   ネットでは09年3月18日の韓国戦に敗れた「戦犯」はイチローだとし、バッシングが渦巻いた。「Yahoo!ニュース」では、スポーツ報知が同日に電子版で報道した「日本1点止まり、韓国に連敗」の記事に1200を超えるコメントが付き、

「イチローはそろそろ外せないの?」
「イチローはいらない。奴は日本を引っ張っている。逆方向へ」
「イチローから気迫が感じられない、この期に及んで何を気取ってんだ!」

など、敗退はイチローのせいだ、とするコメントが多く付いている。

   しかし、09年3月19日のキューバ戦は5打数2安打。13打席ぶりのヒットは打ち損じ気味だったと言えなくもないが、次の3塁打は完璧にとらえたように見えた。これはイチロー復活の烽火になるのだろうか。20日の韓国戦、そして準決勝以降の活躍に期待は大きい。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中