愛育病院、「総合周産期センター」の指定返上へ

印刷

   リスクの高い出産に24時間態勢で対応する「総合周産期母子医療センター」に指定されている愛育病院(東京・港区)が、東京都に指定の返上を申し出ていたと、2009年3月26日、新聞各紙が報じた。

   同病院は、医師の勤務状況をめぐって労働基準監督署から是正勧告を受けていた。法律で定める労働時間を遵守すると、総合センターに求められる態勢が確保できないことが返上の理由という。総合センターでなくなると、地域の救急患者の受け入れなどへの影響も懸念され、都は再検討を求めている。

   医師の勤務時間をめぐっては、09年2月にも鳥取大学医学部付属病院で救急科専門医4人全員が、人員体制の不備を理由に09年3月末で退職を発表するなど、厳しい実情が浮き彫りになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中