共同、読売の世論調査結果 小沢続投に厳しい見方

印刷

   小沢一郎・民主党代表が、公設第1秘書の起訴後も代表続投を表明している中で、各メディアは2009年3月25日から27日にかけて同代表の進退に関する世論調査を実施、いずれも約6割が「納得できない」「辞任を」と厳しい意見が目立っている。

   共同通信社と読売新聞社はそれぞれ25日と26日両日で電話世論調査を実施した。代表続投に関し、共同では「辞任すべき」という回答が66.6%、読売では「納得できない」という回答が68%と、ともに6割以上が続投に批判的という見方が出ている。これはニコニコ動画(ββ)が25日、ネットユーザー向けに行ったアンケートでの「辞めるべきだった」との回答58.8%をも上回り、厳しい世論が浮き彫りになっている。

会見の「涙」、逆に不信感

   テレビ朝日も朝の報道番組「スーパーモーニング」内で100人に街頭アンケートを行っている。これによると「支持しない」が64人と、こちらも6割以上が批判的。

「今思いを伝えるなら、それ(涙)が手っ取り早いんじゃないの」
「涙を見せればいいのかと。違うだろう」

という街頭からの声が紹介され、続投会見時に小沢代表がみせた「涙」が逆に不信を招いている様子だ。

   そんな中、しかし、大手ポータルサイト「ヤフー」での調査は「逆」の結果を示しており、むしろ批判は「代表辞任」を求めた民主党議員に向く、という現象が起きている。

   同サイト内で09年3月24日から行われている「小沢代表の続投の判断を支持しますか?」とのアンケートには、27日18時現在で2000票以上の投票があり、「支持する」との回答は71%にのぼる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中