駅警備員考案の「ガムテープ書体」 作り方を紹介した本が発刊

印刷

   ネット上では突如として話題になった、丸みを帯びたゴシック体のようなフォントがある。作者の名前を取って「修悦体」という。実はこれ、ある警備員が独自に作り出したフォントなのだ。この「修悦体」の作り方を紹介した本が2009年4月8日、世界文化社から発売されることになった。

新宿駅の仮案内板、いったい誰が作ったのか

   「修悦体」が最初に話題になったのは2004年。JR新宿駅東口でおこなわれていた部分改修工事の際、ガムテープで作られた仮案内板があった。しかも、文字はゴシック体に似ていながら、丸みを帯びていて妙に個性的。単なる手仕事にしては手が込んでいる。ネット上では当時、いったい誰が作ったのか、話題となった。

   そんな中、企画集団トリオフォーの山下陽光さんは、文字の作者を突き止め、取材した。この内容はYouTubeにもアップされ、1か月間で9万件アクセスされたという。そして、その作者というのが佐藤修悦さん(55)だ。三和警備保障につとめる、警備員だ。「修悦体」とは佐藤さんの名前をとり、こう呼ばれるようになった。

   YouTubeにアップされた取材動画によると、もともと佐藤さんは新宿駅の工事期間中、お客さんの誘導をしていた。ところが、迷路のような通路をお客さんに伝えるのは、困難だった。同じことを繰り返し聞かれ続けることも、大変な負担だったという。

   そこで、駅の通路番号をガムテープで作成した。1番線や2番線といった文字を描き、誘導の補助として利用したのだ。そうしたところ、JRの担当者が「これはいい」と絶賛。文字や矢印を駆使した案内板が、次々と作成されることになったのだ。大きな文字は一覧性に富み、乗客のスムーズな移動に一役買った。

   取材を試みた山下さんは「仮でいいはずなのに、あんなに手の込んだ文字に惹かれたんです(笑)。だって、マジックでもいいわけでしょ。佐藤さんは伝えるためには丁寧にやらなくてはと言います。その潔さには惹かれます」と話している。

   なお、佐藤さんは2007年にも、JR東日本日暮里駅で改修現場の誘導を担当した。ここでも、ガムテープを使った、完成度の高い案内板を製作。この様子は、新聞やNHKも取り上げた。なお、2008年に公開された映画「まぼろしの邪馬台国」の題字も担当している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中