不況で公務員人気急回復 倍率556倍や説明会「過去最多」

印刷

   深刻な不景気で、公務員人気が高まっている。自治体の採用試験説明会が過去最高の参加者数になったり、専門予備校の受講生が倍増したり。新卒者は、採用減や内定取り消しの余波から、社会人は、会社倒産やリストラの恐怖から、公務員志望に流れているらしい。

キャリア官僚の人気回復の兆し

「大阪では、一番多いのではないですか。ほかでも、聞いたことがありませんね」

   人事課長がこう話す大阪府吹田市の職員採用試験。同市の緊急経済雇用対策として、2009年2月22日に翌年の採用枠を前倒しして行い、定員5人になんと2782人が応募した。志願倍率は、556倍にもなる超難関だ。受験倍率も、472倍。25歳以下の年齢制限を59歳以下にしたこともあるが、人事課長は、この不況による影響があるとみている。

「受験者には、就職難や失業から受けた人もいたでしょう。結果として、新卒者や在職者の方、仕事を辞めて職を探していた方で、この4月から22~50歳までの男女5人を採用しました」

   不景気になると、公務員の人気が高まると言われる。その傾向は、今回の大不況でも顕著のようだ。

   08年秋の急速な景気悪化後、山梨県が12月24日に行った採用試験説明会では、過去最多の132人が参加。09年に入っても、川崎市が3月中にした3回の説明会では、参加者が前年より200人多い867人にもなった。京都市の3月18日の説明会も、過去最多の約650人だった。

   国家公務員も、人気上昇傾向をみせる。

   キャリア採用の1種では、4月1日から8日まで試験申し込みを受け付けたところ、人事院の試験課によると、3日現在で前年3日目より3.5%増えているという。担当者は、「まだ始めたばかりで分からない面もありますが、不景気もあって増えるのではないかと考えています。1種以外はまだですが、同じ傾向だと思います」と言う。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中