不況で公務員人気急回復 倍率556倍や説明会「過去最多」

2009/4/ 6 17:39

   深刻な不景気で、公務員人気が高まっている。自治体の採用試験説明会が過去最高の参加者数になったり、専門予備校の受講生が倍増したり。新卒者は、採用減や内定取り消しの余波から、社会人は、会社倒産やリストラの恐怖から、公務員志望に流れているらしい。

キャリア官僚の人気回復の兆し

「大阪では、一番多いのではないですか。ほかでも、聞いたことがありませんね」

   人事課長がこう話す大阪府吹田市の職員採用試験。同市の緊急経済雇用対策として、2009年2月22日に翌年の採用枠を前倒しして行い、定員5人になんと2782人が応募した。志願倍率は、556倍にもなる超難関だ。受験倍率も、472倍。25歳以下の年齢制限を59歳以下にしたこともあるが、人事課長は、この不況による影響があるとみている。

「受験者には、就職難や失業から受けた人もいたでしょう。結果として、新卒者や在職者の方、仕事を辞めて職を探していた方で、この4月から22~50歳までの男女5人を採用しました」

   不景気になると、公務員の人気が高まると言われる。その傾向は、今回の大不況でも顕著のようだ。

   08年秋の急速な景気悪化後、山梨県が12月24日に行った採用試験説明会では、過去最多の132人が参加。09年に入っても、川崎市が3月中にした3回の説明会では、参加者が前年より200人多い867人にもなった。京都市の3月18日の説明会も、過去最多の約650人だった。

   国家公務員も、人気上昇傾向をみせる。

   キャリア採用の1種では、4月1日から8日まで試験申し込みを受け付けたところ、人事院の試験課によると、3日現在で前年3日目より3.5%増えているという。担当者は、「まだ始めたばかりで分からない面もありますが、不景気もあって増えるのではないかと考えています。1種以外はまだですが、同じ傾向だと思います」と言う。

(続く)

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

美味しい鍋を囲んで成功企業の事例を見る・・・なんだかおもしろそう!

ピックアップ'

ミニッツで行く、1万年を超える復元の旅

不思議と驚きに満ちた聖書の世界。今、行けます。考古学者がガイドします。

ミニッツシンキング

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ