相次ぐ「マイバッグ」万引き スーパー側も対策に乗り出す

印刷

   スーパーマーケットなどで買い物をする際、環境保護のためにレジ袋を使わず、「マイバッグ」を使う取り組みが全国に広がっている。ところが、精算前の商品をマイバッグに入れる新手の「万引き」が増え、店は頭を抱えている。商品をバッグに入れた瞬間を確認し、店を出たところで捕まえるしかないからだ。そうした中で、精算の有無を「かごの色」で見分ける、といった対策を講じるスーパーも出てきた。

商品を入れた瞬間を見つけて、店を出たところで捕まえるしかない

   2008年4月に全国で一早くレジ袋を有料化した富山県では、レジ袋が大幅に減り、マイバッグの使用率が94%にのぼる。一方で、マイバッグを使った新手の万引きが増えた。

   精算前の商品をバッグに入れるという大胆な手口だが、意外に見破りにくい。マイバッグが膨らんでいたとしても、私物が入っているかもしれない。

   また、仮に商品が入っていたとしても、「他店で買ったものだ」「既にお金を払ったが、レシートはなくした」と言い張る客もいる。商品を入れた瞬間を見つけて、店を出たところで捕まえるしかなく、店側はほとんど泣き寝入り状態だ。

   富山県で21店舗展開する大阪屋ショップ(富山市)では、レジ袋有料化直後に万引き件数が前年より6%増えた。08年後半は不況の影響もあり、前年より10%増だった。 本社の担当者は、

「怪しいというだけでは所持品検査はできませんから、万引きGメンが現行犯で捕まえるしか方法はありません」

と悔しさをにじませる。

   同業者で万引き件数が前年より20%も増えた店もあるという。

   そこで事業者、自治体、消費者からなる「県レジ袋削減推進協議会」は2009年4月から、「マイバッグは買い物かごの底にたたんでおく」「マイバッグを使うのはレジを通ってから」という内容のマナーポスターを店に貼り、ビラも配っている。

   被害額が大きく、業者に恐れられているのは「かごぬけ」と呼ばれる万引きだ。通常はかごに商品を入れた後、レジで精算する。しかし、この場合はレジを通らずに荷物台に行き、あたかも精算済みであるかのようにマイバッグに商品をしまい込む。かごの中のものを全部やられてしまうので、被害は大きい。かつてレジ袋を使用していた時には、精算しなければ袋がもらえず、こうした手口は存在しなかった。

精算前は「グレーのかご」精算後は「緑のかご」

   東北、北関東に156店舗展開するヨークベニマル(福島県郡山市)は、かごの色で精算の有無を見分けている。精算前は「グレーのかご」、精算後は「緑のかご」を使う。荷物台でグレーのかごを持っていれば、精算していないということが一目でわかる。08年までにほぼ全店に導入した。

   広報担当者は、

「これにより万引きが減ったということはないが、マイバッグを持っているお客さまに安心してお買い物していただけるようになったと思います」

という。

   私物が入ったマイバッグを持って買い物をしていると、万引きしていると疑われているのでは、と不安に思うお客もいるからだ。

   宮城県と福島県に8店舗あるフレスコキクチ(福島県相馬市)も2種類のかごを使っている。精算後のかごには取っ手がない。

「5店舗で導入済みです。万引きを防ぐというよりは、お客さまに万引きをさせない環境をつくることが大事だと思っています」(売り場担当者)

   全国展開している大手スーパーの場合、相当な被害額に上るのではないかと推測できるが、ダイエーは「マイバッグを使った万引きが増えているという話は聞いたことがない」、イオンは「公表していない」と回答している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中