角川と千趣会、シニア向けビジネスで新会社設立へ

印刷

   角川グループホールディングス傘下の角川・エス・エス・コミュニケーションズと千趣会は、シニア向け会員ビジネスの本格的拡大を目指し、新会社を2009年7月に設立する。4月15日に発表した。「毎日が発見」を始めとする角川のシニア向け雑誌の読者に通信販売を行うほか、幅広い分野で協力する。角川SSCが51%、千趣会が49%を出資する。資本金は1億円。事業開始は10月から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中