2審も医師の過失認めず 割りばし事故死

印刷

   東京都杉並区の杉野隼三ちゃん(当時4歳)が、割りばしがのどに刺さり、杏林大付属病院(三鷹市)で受診後に死亡した事故で、両親が担当医だった根本英樹医師(41)と病院側に計約8900万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が2009年4月15日、東京高裁であった。小林克巳裁判長は「割りばし片による頭蓋内損傷が予見できたとはいえない」とし、医師側の過失を認めなかった1審の東京地裁判決を支持、両親の控訴を棄却した。両親は上告しない方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中