付録ほしさに雑誌を買う そんな時代がやってきた

印刷

   ここ数年、ファッション誌につく「付録」が目立ってきた。ファッションブランドとコラボしたポーチなどの小物入れや文房具は、作り自体もしっかりしている。付録目当てに普段は買わない雑誌を買ってしまう人もいるようだ。

ファッション誌「sweet」が大躍進した理由

   書店やコンビニエンスストアには現在、ファッション雑誌の5月号が並んでいる。たとえば、集英社「MORE」「BAILA」、主婦の友社「mina」「S Cawaii!」、宝島社「mini」「spring」「In Red」「sweet」には、人気ファッションブランドとコラボしたポーチやアクセサリー、小物類がついている。価格帯は500~800円。

   中でも、女性ファッション誌「sweet」(5月号)には、人気ブランド「Cher(シェル)」のトートバッグとポーチの2大付録がつき、話題となっている。キャンバス素材のトートバッグのサイズは、よこ20cm×たて18cm×マチ11cm。水筒や弁当箱を入れたり、財布や本を入れてちょっと外出したりするのには丁度良いサイズだ。また、ポーチには汚れを目立ちにくくさせるための裏地を張り、ポケットもついている凝った作りだ。

   個人のブログでは、この付録に対して、「¥780のお値段で付録にしては満足だと思ぃマス」「付録がcherのものはもう無条件で買ってしまう」「今月のsweetは買うつもりなかったのに、付録が魅力的すぎて衝動買いしちゃいました」などと書き込まれている。

   発売元の宝島社によると、2007年7月には20万部だった発行部数が08年3月に46万部、5月号では60万部と大幅に伸びた。付録につくブランドアイテムは、同社が掲げるマーケティング戦略の中でも重要な要素という。なお、ほかにも価格設定や表紙の見直しなども随時行っている。広報は「ブランドアイテム(付録)は、他紙との差別化を図るための強みです。部数増となったのも、そうした戦略がよかったのだと思います。また、『Cher』のポーチのついた『sweet 5月号』は4月11日に発売したばかりですが、通常の号よりも売れ行きがいい」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中