業績不振企業に公的資金 改正産業再生法が成立

印刷

   業績不振の企業に公的資金の資本注入を可能にする産業活力再生法改正案が、2009年4月22日に参院本会議で可決、成立した。4月30日から施行する。

   すでに半導体のエルピーダメモリが500億円、AV機器大手のパイオニアが300億円の出資を望む動きがあり、日立製作所なども活用を検討している。出資を受けるには国内従業員数が5000人以上で、売上高が四半期に20%以上、または半期で15%以上減少した場合などの要件を満たす必要がある。同法の認定を受けた企業に、日本政策投資銀行が優先株式や優先出資証券を引き受ける形で資金を注入する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中