新型インフル「感染パーティー」! 今かかった方が「得」なのか

印刷

   「新型インフルパーティー」なる行事の是非をめぐって、米国のネット上で意外な議論が繰り広げられている。「今のうちにわざと感染して、免疫を付けておくべき」というもので、医療関係のブログやフォーラムでも、賛否両論だ。だた、米衛生当局では、「大きな間違い」と、冷静な対応を呼びかけている。

「第1波のうちに免疫を作っておこう」という発想

   「新型インフルパーティー」なる行事の是非について、2009年5月上旬からネット上で話題になっているようなのだ。

   ニューヨーク・タイムズが2009年5月上旬に掲載した記事によると、インフルエンザの専門家が、女性誌の記者から「母親は、『水ぼうそうパーティー』みたいに、『新型インフルパーティー』を開くべきか」という質問を受けたのだという。

   「水ぼうそうパーティー」とは、水ぼうそうの予防接種を受けさせたくない親が、水ぼうそうにかかった子どもの周りに、水ぼうそうに感染していない子どもたちを集める、というもの。わざと水ぼうそうに感染させ、子どもに強い免疫を付けさせることが目的で、米国ではしばしば行われているのだという。この「水ぼうそうパーティー」にちなんで、「『新型インフルパーティー』をやるべきか」という議論が起こっているようなのだ。

   前出の専門家は、

「完全にばかげたこと。これを本当に試そうとする人がいるなんて信じられない。考え方は理解しますが、ウイルスが個々人の中で、どのように反応するかがよく分からないのが怖い」

と一蹴。それでも、ブログなどでは、1918年にスペインかぜが流行した時の様子を念頭に、「パーティー支持論」も展開されている。スペインかぜの場合は、春先の「第1波」での被害は、それほど大きくなかったものの、秋以降の「第2波」「第3波」で多くの死者を出している。つまり、「第1波のうちに免疫を作っておこう」という発想のようだ。

「リスクにさらすのは間違い」

   また、世界保健機関(WHO)が、新型インフル対応のワクチンが開発されたとしても、年に10~20億人分しか生産できないという見通しを明らかにしたことも、この議論への支持が増す一因になっているようだ。

   ただ、米保健当局は、きわめて否定的な見解だ。米疾病対策センター(CDC)のリチャード・ベッサー所長代行は、5月7日の会見で、「大きな間違い」とバッサリ。「リスクにさらすのは間違い」と訴えている。

「これ(新型インフル)は、新しい感染症で、日ごとに新たなことが明らかになっている。しかし、個々人が、この感染症によってどのような影響を受けるかについては、よく分かっていない。人々や子どもたちをリスクにさらすのは大きな間違いで、CDCとして、このようなやり方に従うのはお勧めしない」

   なお、日本国内の状況については、 河村官房長官は5月25日の会見で、

「終息の方向に向かっているという感じを持っている」

と発言。秋以降の流行が、今後の焦点になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中