4月の完全失業率5.0%に悪化 有効求人倍率は10年ぶりの低水準

印刷

   総務省が2009年5月29日に発表した4月の完全失業率(季節調整値)は、前月と比べて0.2ポイント悪化し、5.0%となった。5%台に乗ったのは2003年11月(5.1%)以来、約5年半ぶり。

   完全失業者数は前年同月比71万人増の346万人となり、6か月連続の増加。一方、就業者数は6322万人。前年同月比で107万人少なく、15か月連続の減少となった。

   産業別にみると、製造業やサービス業が減少、情報通信業、宿泊・飲食サービス業で増加した。

   また、厚生労働省が同日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と比べて0.06ポイント低下し、0.46倍となった。これは1999年6月以来、約10年ぶりの低水準。正社員有効求人倍率は、前年同月比0.27ポイント低下して0.27倍となり、調査を開始した04年11月以降の最悪を更新した。

   新規求人(原数値)を産業別にみると、製造業やサービス業、情報通信業などで減っている。地域ごとでは、香川県の有効求人倍率が最も高く0.74倍、最も低いのが沖縄県と青森県の0.27倍だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中