田代まさしが「密室」動画を出品 ニコニコ映画祭

印刷
ゲスト審査員の田代まさしさん(左)と手塚眞・審査員長(中)、レギュラー審査員の松嶋初音さん
ゲスト審査員の田代まさしさん(左)と手塚眞・審査員長(中)、レギュラー審査員の松嶋初音さん

   動画投稿サイト「ニコニコ動画」は2009年6月2日、ユーザーの投稿作品を審査して大賞を決める「新国際ニコニコ映画祭」の作品募集を開始した。今回で10回目となる同映画祭は名称に「新」を加えるとともに、ゲスト審査員としてネットで人気の田代まさしさんを迎え、オリジナリティあふれる映像作品の発掘を目指す。

   映画祭では、テーマ部門と自由部門に分けて6月2日~23日の期間、ユーザーから作品を募る。今回のテーマは「密室」。審査会は7月11日に開催される予定で、優秀者には約25万円の賞金総額のなかから、賞金が授与される。

   テーマ部門の素材として、田代さんがいろんなセリフをしゃべっている動画が提供され、投稿作品に使うこともできる。田代さんは審査員として参加するだけでなく、招待作品も出品する。田代さんは同日、東京都内で開かれた記者会見で「ちゃんと正々堂々と撮ります!」と宣言。

「密室というテーマをイメージしながらも、田代まさしらしいものを撮りたい。『くっだらね~な、田代』というやつを」

と抱負を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中