三菱UFJ、米モルガンに追加出資 議決権20%超を維持

印刷

   三菱UFJフィナンシャル・グループは、米証券大手のモルガン・スタンレーに約420億円を追加出資すると、2009年6月3日に発表した。

   モルガンが公的資金を返済するために実施する22億ドル(約2100億円)の公募増資のうち、20%を引き受ける。1株あたり27.44ドルで、三菱UFJは1600万株の普通株式を取得する。払込日は6月15日(ニューヨーク時間)。

   三菱UFJは08年秋にモルガンの優先株式90億ドルを取得、普通株に転換されれば出資比率が20%を上回り、モルガンは三菱UFJの持分法適用会社になる予定だった。今回のモルガンの増資で既存の株式価値が薄まり、出資比率が20%を下回る恐れがあることから、追加出資して公募増資後の議決権の20%超を維持することにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中