読売記事に、楽天「ミスリーディングで遺憾」

印刷

   楽天が一部出店企業に顧客情報を提供していた、と報じた読売新聞の記事に対して、楽天が2009年6月5日、コメントを発表した。

   読売新聞は「楽天、出店企業に顧客情報…中止表明後も1件10円で」という同日付の記事で、楽天が、05年7月に出店企業元社員が顧客情報を盗み出した事件が発覚後、企業側にはクレジット番号とメールアドレスの提供を止める方針を打ち出していたにも関わらず、上新電機など複数の出店企業に1件10円で提供していたと報じた。

   これに対し楽天は、上新電機含む9企業に関しては、ショッピングカートの段階で顧客に「例外的にクレジット番号の開示を受け、独自に決済処理を行っております」と明示した上で、独自に決済を行っていると説明。

   読売新聞に対しては、東京本社の社会部記者を名指しにして、「あたかも楽天が顧客情報を有料で販売しているかのような見出しをつけ、消費者の不安を煽るようなミスリーディングな記事を掲載されたことはまことに遺憾です」とコメントしている。

   今回の楽天の顧客情報提供問題に関しては、まずニュースサイト「GIGAZINE」が5月27日に記事にし、楽天は「全くの事実誤認」と反論していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中